にんにく卵黄で高血圧を予防しよう

○にんにく卵黄で高血圧を予防しよう!
歳を重ねるにつれて、高血圧に悩まされる方が増えていきます。
高血圧になってしまうと、体の至るところに徐叙に様々なリスクが生まれてきます。
そんな高血圧に、にんにく卵黄です。にんにく卵黄は、高血圧下げるサプリメントともいわれていて高血圧を上げる成分が配合されています。

 

・高血圧について
高血圧は、心臓が体全体に血液を送り出す際に、圧力が大きくかかってしまう状態のことを言います。
血圧の正常値は、上が140、下が90です。この数値を超えてしまうと、高血圧とされます。

 

血液の循環が悪かったり、血管が細くなることによって体全体に血液が行き届かなくなり、心臓は圧力を大きくかけて、体の隅々まで血液を届けようと働きます。
そうなると、高血圧になってしまうのです。

 

高血圧になってしまうと、脳卒中、心筋梗塞などの命に関わる病にかかる恐れがあります。
他にも、頭痛、めまい、吐き気といった症状が出ることもあります。

 

・なぜにんにく卵黄が高血圧に効果的なのか
血液がドロドロになってしまう原因は、大きく分けて2つです。

 

・血小板の粘着性が必要以上に強力になる
・血中コレステロールが増えすぎる

 

にんにく卵黄には、硫黄化合物が含まれています。
このにんにく卵黄の硫黄化防物によって、血液のドロドロの原因を無くし、サラサラの血液へと変えて血流を良好にします

 

他にも、血管の内側に蓄積した血栓を溶かし、血管を拡張する働きもあります。
ですので、心臓は必要以上に圧力を上げて働かなくても、血液が全身に行きわたり、高血圧を防ぐことに繋がるのです。

 

にんにくに含まれている成分とその効果について

○にんにくに含まれている成分とその効果について
にんにく卵黄に使用されているにんにくは、古くから食事や薬用として使われてきた経緯があります。
にんにくは、ユリ科ネギ属に属する植物で、根茎や球根などを使っています。
にんにくの中には、実はカリウム、カルシウムなどのミネラル成分や、ビタミン群がたくさん含まれており、人が食するとヘルシーになれる働きを持っています。
ほかにも、にんにくに豊富に含まれている、臭いの成分でもあるアリシンは、強い殺菌効果があり、なかなか吸収されにくいビタミンB1の吸収を促す働きを持っているため、疲労回復や滋養強壮に非常に有効です。

 

○アリチアミン
アリbヒアミンとは、アリシンとビタミンB1がくっついた成分のことをいいます。
ビタミンB1は疲労回復やエネルギーの代謝を合理的に行ってくれる成分ですが、体内に吸収されにくい特徴を持ちます。
そんなビタミンB1にアリシンがくっつくとアリチアミンとなり、体内に吸収されやすくなるのです。

 

○スコルジニン
スコルジニンという成分は、血行促進効果を持ちます。
血行が良好になることで、各細胞に酸素と栄養を行き届かせて新陳代謝を上げ、余分な脂肪を燃やしやすくなるので、コレステロールをセーブしやすくなります。
またダイエット効果も期待できます。

 

○ゲルマニウム
にんにくに含まれているゲルマニウムは、「有機ゲルマニウム」と言われ、水溶性という特徴があります。
この有機ゲルマニウムは体の中に円滑に吸収され、体の中の酸素を隅々まで行き届かせてくれます。