にんにく卵黄で糖尿病を防ぐ

○にんにく卵黄で糖尿病を防ぐ
生活習慣病の中で、糖尿病があります。
過食や運動不足が続くことで引き起こされる糖尿病ですが、40代以上の方の約1割が糖尿病だと言われているそうです。
若い方にはないわけではなく、最近では若い世代の人でも糖尿病になるという問題も生じています。
では糖尿病を予防するには、なにが良いのか。実はにんにく卵黄は糖尿病にも効果的なのです。

 

・そもそも糖尿病とは
糖尿病は、血液の中の糖分がコントロール不可能になる病です。
普段の食事から摂った糖分は血液に送られ、血管からそれぞれの細胞に送られてエネルギーに変えて使われます。
この血液の中の糖質量を、「インスリン」というホルモンがコントロールしています。
インスリンが血液の中の糖質を各細胞へと届けることによって血糖値を操作しています。
ですが、糖尿病になってしまうと、インスリンンの分泌量が非常に下がってしまい、血糖値を下げることが不可能になってしまいます。
血糖値が上がったままの状態だと、血管の表面が傷つきやすくなり、それによって色々な合併症に繋がってしまいます。

 

・にんにく卵黄はなぜ糖尿病にいいのか
にんにく卵黄が糖尿病を防ぐのに、なぜ効果的なのでしょうか。
にんにくを摂ることによって、体の中に存在する糖を燃やすのを手伝ってくれるのです。
効果的に糖を燃やすことが出来れば、血糖値が上がりにくい状態を作り、インスリンの分泌量が例え少量でも問題ありません。
食前ににんにく卵黄を摂ることによって、糖尿病を防ぐことが出来、またダイエット効果も出てきます。